そういえば、先日発表されたたサラリーマン川柳2022

やっぱり、巣ごもり、テレワーク、Web会議に関連したものが目立つ中、

目を留めたのはこういう川柳でした。

『テレワーク 解除で妻が 福反応』(風信子)

『久しぶり 妻とお出かけ 接種場』(さごじょう)

『いつまでも 続く黙食 我が家だけ』(ミツナシ)

『家飲みで あふれる缶に 妻カンカン』(あらカンカン)

『円満の 秘訣は出社と 気付かされ』(るいか)

他人の不幸は蜜の味。

とはいいますが、それを反映しているのでしょうか?

夫婦の仲が深まった、、、というおノロケは全然なく、
目立ったのは、夫(や、娘から見たお父さん)の微妙な立場。

わからなくもないなぁ・・・と思う反面。

もう少し心温まる川柳が選ばれる日本であってほしいなぁ・・・と思いました。