先日少しご紹介した、じろえむの15代目

小出しにご紹介していきます。

母屋(レストランの入口に)
10年前(正確には10年と1日前)の私たち 千葉のフォトグラファー、森時久さんに撮っていただきました。

同じ場所ですが、よく見ると、私たちが立っているところの右側の竹も変わっているし、
じろえむ入口の看板もないですね。

15代目夫婦も、時代に合わせて変わっていく部分と、
歴史的な価値のある長屋門はじめ、このじろえむを維持していく部分のバランスが難しいなぁ・・・

とおっしゃっていました。

両立するのはとても大変なことだと思いますが、
お手伝いできることが有れば、できる限りのことはさせていただきたいと思っています。