モニターの新調に伴い・・・そろそろキャリブレーションセンサー(モニターの色を計測する機械)も

更新したいなぁ・・・と思って物色していましたが、
マニアックな機材ゆえ・・・ あんまり選択肢がないんですよね。

これまで、いわゆるX-Rite社のiOneシリーズや、X-Rite社に吸収されてしまった、
ColorMunkiシリーズを使ってきましたが、X-Rite社の日本での取り扱いが・・・
一旦ストップしている・・・ということや、
iOneシリーズ、、、製品自体の開発が余り進んでいない?(10年くらい前のものと今のものが同じ感じがする)
ということも合って、今回はdatacolorのSpyder X Pro(スパイダーX)を購入(こちらは2019年発売の製品)し使ってみました。

パッケージには、取説等なくて、適当に使ってみましたが、
基本的にはポチポチとしていくだけで簡単に使えましたが・・・

設置仕方だけちょっと心配(汗)

間違ってる気がします(汗)

なんで、センサーをよく物色したら線が動いて、蓋が重りにとして活用できる距離まで伸ばすことができました。
(念の為ちゃんとセッティングしてサイドキャリブレーションし直しました)

人間の目なんて、マー対してあてになりませんが、、、
直感的にはこれまでと変わりなくちゃんと調整できてそうです。