先週末、我らがストロボメーカー、ProfotoのCameraアプリ
「ProfotoCamera」(海外のネーミングは安直なものが多いですね!)
が大幅アップデートしました。

従来のアプリは、CameraからControlへ。

そして、新たにカメラ機能だけ独立して誕生しました。

これまではマニュアル露出できる・・・
ようでできなかったのですが、
今回からはきっちりと出来るようになりました。

とりあえずC1Plusでテストしてみましたが、
なかなかいい雰囲気で撮れそうですね!

スマホと、、、1万5千円くらいのライトでこれだけ撮れれば大したものです。

(私のはPlusですので、もう少しお値段が高いですが、C1でも同じことができます)

LEDをフラッシュとして使うので、シャッタースピードに制限がかかるのか、
シャッタースピードを上げすぎると、出力がかなり落ちるのかな?

予定より暗くなってしまうのですが、
シャッタースピードを落とせばなかなかものです。

後日、B10でのテストもレポートしようと思います。