長引くコロナ禍。

人と会うことが制限される中写真を撮るとなると。

やっぱりモノ。

商品撮影の機会が増えました。

商品の代わりにカメラを置いて撮ってみました

光沢感の無い商品で、映り込みが気にならなかったので、レンズへのライトの映り込みは、、、ご愛嬌(笑)

カメラマンって、資格も何もいらない職業。

名刺一枚用意して、カメラマンです!って名乗りさえすれば、なれるといえばなれる職業。

ただ、それを続けていくには・・・

作品を世の中に広める努力はもちろんですが、いかなる時でもカメラマンであり続ける努力をすること。

私にはまだまだ、カメラマンとしてやりたいことがいっぱいありますので、
コロナ禍なんて言っていられません。

私のことを必要としてくださる方が1人でもいらっしゃる限り、
今日も明日も明後日も。

撮影し続けます。