またしてもチェックが遅れてしまっていました(汗)
Photoshopの新機能。スーパー解像度。

いわゆるAdobe Sensei(AdobeのAI)を駆使して、
解像感を保ったまま写真の拡大ができるようになったとのことで、、、

早速ちょっと解像感がもうちょっと欲しいなぁ・・・と思っていた時代(10年くらい前のカメラ)
Leica M8のデータでテストしてみました。

この写真を・・・1,000万画素のカメラの解像感アップしてみます

といっても、この写真のサイズではわからないと思いますので、ピクセル等倍で切り抜いています。

M8らしい、なんとも質感のある描写 今見ても惚れ惚れする描写です。
スーパー解像度で拡大したもの。4,000万画素オーバーのスーパーカメラになったようなシャッキリとした描写
ちなみに、従来の方法で拡大したもの。(なんともぼんやりした写真になっています)

α7R4のような超高解像度カメラではあまり使う気になりませんが・・・

ちょっと昔の、もう少し解像度がほしいなぁ・・・というカメラにはものすごくいいかもしれませんね。
(昔撮影したRawデータもちゃんと取っておいてよかったです(笑))

使用頻度が低く、手放してしまいましたが、改めて・・・
LeicaのM8というカメラが欲しくなりました。