今日は、YouTubeなどで配信する動画を「もっと自分がキレイに映るように録りたい」というご要望を頂いて、オンラインレッスンを行いました。

お客様のお宅の部屋のレイアウト(窓の位置)
動画の内容
カメラがiPhone8だということ
を考慮して、サイドに窓を持ってくるアイディアを提供しました。

窓が横にある状態での光
窓が後ろにある状態での光

iPhone12でしたら、露出補正も行えるので、
逆光で撮影する、というのも無きにしもあらずですが、
iPhone8ではちょっと厳しいですね。

サイドライトにレフ板(お宅にあるものでレフ板代わりになりそうなもの)の使い方。

カメラアングル
・カメラが高い位置
・カメラが目線の高さ
・カメラが目線より下

の使い分けなども合わせてレッスンしました。

部屋という3次元空間を、2次元の動画にする。

オンラインでレッスンするのはなかなか骨が折れますが、
ご自身で試行錯誤されたのと比べて、
「ぜんぜん違う!
顔にも光があたってます✨

すごい変わり様😳」

との感想をいただきました。

これから素敵な動画を沢山挙げてくださることと思います。

私も楽しみにしています。