先日のオンラインレッスンでのご相談。

困り事が起こっている原因の一つが、リングライトでした。

Amazonでもいっぱい売られていますし、
Youtubeを見ていても使われている方が本当に多いです。
(なので、先日のご依頼主も、お使いになられていました)

よく見る、リングライトで撮影している方の映像はこんな感じです。

きっと有名ユーチューバーさんとかが、これ使ってキレーって言ったから、
これがきれいの基準になって定着してしまったような気がします。

確かに、リングの内側(顔)には、影ができないので、女性が気になる、シワとか、吹き出物なども隠してくれて、きれいといえばきれい。

ただ、これは正しい使い方をした場合。

このくらいの距離感で使えばきれいに撮れます

ただ、背景の明るさとのバランスをちゃんと撮らないと、最初の写真のように、後ろが暗〜い写真になります。

背景の明るさをそのままに、リングライトの明るさを一番小さくしました。

これなら結構良い気がします。
(私の口のキズも目立ちませんねー)

でも使い方を間違えると・・・

これ!こうなっている方、めちゃ多いです。

これは、リングライトを1mちょっと離したところに置いています。

こうなると、もはや謎のライティングです。
懐中電灯で照らすよりは柔らかいライディングで良いですが、ライトを正面から少しずらすと、影の出方が気持ち悪いライトティングになります。

そこで私が提案したいのはこちら!

ライトは天井に向けて、100均で買ってきた乳白色の傘を上に置きます。
内側から見るとこんな感じ

骨がライトに乗っかるので、意外と安定性も悪くないです(笑)

この状態で撮ったのがこちら!

背景も明るく自然な印象に。

唇上のキズとかはちょっと目立ちますが、とっても自然な印象の写真だと思いませんか?

ちなみに、カメラは、私とライトが写っている写真(私がiPhone12Proを持ってて写っている写真)以外、iPhone12Proのインカメです。
iPhone12Pro いいじゃないか(笑)

あ、話がそれました。

リングライトでうまく撮れない、録れないとお悩みの方にはこの使い方をご提案しようと思います。

ちなみに、、、このリングライト、アマゾンで1500円ぐらいでした(安!!)

スタンドとかはうちにゴロゴロ転がっているので、ライトだけのものを選んで買いました。

傘は100均、、、とはいえ、100均で300円だったかな?

で買ったやつです。

スタンドも、アマゾンで買えば、1500円ぐらいで売ってますので、約3000円でこのライティングは再現可能です。

まー、恐ろしい時代になったものです。
完全に価格破壊ですね。