α7RⅣが発売されたのは、確か昨年、2019年の9月。

当時、私は6000万画素を超える解像度に・・・

絶対そんな高解像度、いらない!!

ってFacebookでぼやいた気がしますが・・・

ごめんなさい。

ここでお詫びをして訂正させていただきます。
(Facebookでも訂正させていただきました)

その理由は2つ。

1つ目は、高感度性能がイマイチなのではないかと思ったこと。

そして、

2つ目は、トリミングしたら階調表現などイマイチなのではないか?

と思いました。

高感度性能については・・・

もちろん、2,000万画素のNikon D5(当時のフラッグシップ)や、D6には流石に及びませんが、ノイズが増えても、画像が大きいので、印刷するサイズにすると・・・そんなに目立たないということ。
まぁ、流石にモニターで等倍で見ると結構辛いですけど。

そして、トリミングも高感度にしたら、階調が厳しいですが、低感度(ISO800から1600くらい)まででしたら、結構階調豊かなのである程度のトリミングは、全然許容範囲でした。

亀戸天神の亀
左の亀をピクセル等倍で切り出しました。

流石にここまで切り抜くと辛いですが、

お客様にお渡ししている4Kテレビ、ピクセル等倍サイズの長辺3860pxの書き出し(をリサイズ)

この程度の切り抜きでしたら、A3サイズへの印刷は問題ないと判断しました。

いやー、正直驚きました。

唯一の問題は・・・

データが大きすぎる!
(Rawデータ1枚、圧縮Rawでも60MBちょっとある(汗))

なので、等倍でピントやブレの確認したり、
RawからJPEGへの書き出しにものすごく時間がかかるようになったこと。

Macも買い替えたくなります(汗)

そして、、、これは問題ではないですが、
トリミングできると思うと、撮影後に、もうちょっとこうかなぁ・・・って後で切り取り方を悩んでしまいそうだということ。

その点は、修行で乗り越えていくことにします。

結論として何がいいたかったかというと。

無駄な高画素はない!

ということ。