早速新しいカメラでちょっとだけですが、さん太を撮ってみました。

いつもケージの中に牧草を撒き散らすので、夜は牧草が絨毯に(笑)
α9II + 20mmf2.8 F050 クロップ
とにかくかじりぐせがすごいのでケージの中は囲いだらけ(笑)α7R4 + SEL1224GM
ケージから出る時は、入り口の木に匂いをつけるのがさん太ルール α9II + SEL55f18Z
おやつ頂戴!っていっつもおねだりしてきます(笑)α7R4 + SEL1224GM クロップ

可愛い子です。

オートフォーカスの使い方にもう少し慣れが必要ですが、ファインダーを覗かなくても撮りやすいので、今までに撮りにくかった写真がたくさん撮れそうな希望が持てました。

心配していた、α7R4のRawデータも圧縮14Bitなら、1枚60MBくらいでしたので、これまで通り、Macminiで快適に現像もできそうです。

α7R4はクロップしても2600万画素!?もありますので、12-24をつけておけば、クロップして16-35mmのような使い方もできるので重宝しそうです。

α7R4、流石に高感度は苦手ですが、画素数が多いので、感度を上げてノイズがでても、印刷する際には、拡大率がその分低くなりますので目立ちにくい印象でした。
ISO3200くらいまででしたら、おそらく私が印刷するサイズ(アルバムに印刷するとしても見開きいっぱいいっぱいにしても長辺60cmくらい)でしたら、十分実用範囲と感じました。

またα9II とα7R4の写真がMixされた状態で現像しても両者の色味が揃っているので、とても現像もやりやすくてよかったです。
D5,D6はほぼ同じ色意味で調整できましたが、Z6が交じるとまったく色味が違うので苦労しました。

また空き時間を使って新しいカメラ、レンズたちと仲良くなっておきます!