みなさん、結婚行進曲といえば・・・何を思い浮かべますか?

十分な統計と言えるほど多くはない、私のインスタグラムのフォロワーさんに訪ねたところ・・・

およそ3:7でメンデルスゾーンの方が多かったです。

ワーグナーは、「ターン・タータ・ターン」って曲で、
メンデルスゾーンは「パパパパーン」って曲ですね。

ワーグナーが入場で、メンデルスゾーンが退場!というご意見もありました。
(た・・・確かに(笑))

もはや結構昔の曲ですが、氣志團の結婚闘魂行進曲「マブダチ」のイントロも、
「パパパパーン」に近いのは・・・やっぱり世間的にはメンデルスゾーンのイメージのほうが強いから?いや、単にノリがいいから?でしょうかね。

私の世代の結婚式では余興の鉄板でした(笑)

またまたちょっと古いですが、
Q;indiviさんのWedding March Part.2 もメンデルスゾーンインスピレーションのイントロだと思っています。

それにしても、ちょっと不思議なのは・・・

ワーグナーの結婚行進曲。

これは、ローエングリンというオペラの劇中歌。

最終的にはかなり悲劇的な話なので・・・

「私たちの結婚式には合わないかなぁ・・・」
と思われる方は、別の曲を演奏してもらうようにお願いしましょうね!

入場シーンの投稿をしたので、BGMについてストーリーズで質問しました。