レンズロードマップに予告されていた、2本のレンズ。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

いよいよ発表されましたね。

50mm f1.2はFマウントの24-70mm f2.8Eとほぼ同じ大きさ・重さです。
14-24mmはFマウントよりだいぶ軽量コンパクトになりました。

50mmは、f1.8もありますので、それとの差別化・・・
ということで、携帯性を犠牲にしても写り重視にしたかったのはわかりますが・・・

流石にデカすぎ・重すぎではありませんかね?

レンズはこれだけつけてお散歩スナップ。

って使い方をするとは到底思えませんし・・・

システム一式・・・持って歩いて作品撮りとか、仕事するって考えると、
ちょっと重たすぎじゃありませんかね?

あ・・・アシスタントがレンズ持ってて、手を差し出せば出てくるって巨匠は重さとか気にならないのかな?(笑)

値段設定からして、そんなに売れるとも思っていないのでしょうが・・・

せっかく製品として世に出すからには・・・

携帯性という性能も考慮していただきたいものです。

世の中の流れ的にはミラーレス一眼に動いていっているので、
私も考えないとなぁ・・・と思ってはいますが、これを見たら、げんなりしました。
あ、広角ズームの方はすっばらしいと思います。
(小さく、軽くなって性能向上は大歓迎です!)

まだまだ、完全にミラーレスへ移行するということはなさそうです。