以前、解説させていただいた、キリスト教結婚式における誓約(誓いの言葉)

みなさん、どのくらい記憶に残っていらっしゃるのかなぁ・・・と思って、インスタグラムで質問してみました。

なんと!6割以上の方が覚えていらっしゃらないという結果に。

フォロワーさんが新婚ホヤホヤ・・・
という時期ではなくなっていらっしゃる方も多いというのはありますが、
それにしてもちょっと驚きの結果でした。

写真と一緒に額装して、飾っていただけるようにしたほうがいいかなぁ・・・
とか、それだと言葉がプレッシャーになっちゃいそうだから、
フォトフレームの裏にこっそり書いておこうかなぁ・・・
とか、アルバムのと扉に書いておこうかなぁ・・・
とか、いろいろ考えちゃいました。

せっかく大切な皆様の前で誓った言葉です。

嬉しい時、元気な時、楽しい時は忘れてしまっていたもいいかもしれませんが、
喧嘩してしまいそうになった時、
ちょっとすれ違ってしまっているかなぁ・・・という時、
体調や気分がが優れない時など、
思い出せば、相手に掛ける言葉や態度も変わってくるのかなぁ・・・
と思った今回のアンケート結果でした。

ちなみに、質問した際の投稿はこちら!

View this post on Instagram

祈祷の後は・・・ キリスト教結婚式において 一番大切だと言われている、 誓約(誓いの言葉)です。 テレビドラマなどでも、 一番目にする機会が多いシーン ではないでしょうか。 細かな言い回しは教会によって変わりますが、 牧師が新郎新婦に、このように問いかけます。 「なんじ、その健やかなるときも、病めるときも、 喜びのときも、 悲しみのときも、 富めるときも、 貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、 これを慰め、これを助け、 その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?」 「はい、誓います」 この問いかけに憧れて、 キリスト教結婚式を挙げられる方も 多いように感じています。 私もいつもドキドキする瞬間です。 結婚する=家族になるということ。 家族となって、毎日一緒に過ごしていると 嬉しいこと、楽しいことだけではなく、 本当にいろいろなことがおこります。 そんな時には、ぜひこの時の誓いを 思い出してください。 それだけで、困難を乗り越えることが できるかもしれません。 また、この時この場所に立ち会ってくださった方々は おふたりの応援団。 なにかの際は、是非相談に乗っていただきましょう! 自分たちで抱え込むだけではスッキリしないことでも、 解決のために力を貸してくださる のではないかと思います。 #結婚式 #キリスト教式 #プレ花嫁 #結婚準備 #花嫁準備 #ウェディング #結婚写真 #ウェディングフォト #結婚式カメラマン #ウェディングカメラマン #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #結婚式っていいね #2020秋婚 #2020冬婚 #2021春婚 #2021夏婚 #2021秋婚 #ウェディングニュース #marry花嫁 #感謝を伝える結婚式 #誓約 #誓いの言葉

A post shared by もんちゃん📸結婚式カメラマン(門出格宏) (@photokansha) on

気になった方は是非フォローしてくださいね!

せっかく大変な思いをして準備をした結婚式。

あとに残るのは写真と思い出です。
その時の想いも大切に心に残しておきましょうね!