昨日のニコンの新しいカメラ、Z6IIとZ7IIの発表予告に浮かれて見落としていました。

なんと、プロサービス(NPS)の内容が大幅に変更されることになりました。

先日メンテナンスで訪れた、コロナ対応のNPS窓口

たぶん、プロのユーザーが減ってきて、これまでと同じ会費で同じサービスを継続するのが困難になったのでしょう。

それをやってしまうと、プロのユーザーの流出(他メーカーへの乗り換え)が加速してしまって、ジリ貧状態になるの・・・目に見えているはずなんですけどね。

それをわかっていてやると決めたのでしょうから・・・

事実上のニコンプロサービス終了宣言と受け取りました。

2007年にプロになった時は、Canonを使っていましたが、2009年に信頼性の関係で、プロサービスの充実したNikonへ乗り換えました。

それから10数年。

ニコンとともに走り続けてきた私のプロカメラマン人生ですが。

このサポート体制では、一緒に走り続けることはできません。

先日、最新のフラッグシップカメラ、D6を購入したばかりですが、
購入前に教えていただきたかったです。

裏切りの代償は・・・

倍返しだ!!

あ、それはもう放送終了しましたね。

一つの時代が終了したと思って、また一緒に走ってくれるメーカーさんを探そうと思います。

今更Canonに戻る気にも慣れないし・・・
Sonyが一番妥当なところだとは思いますが、
本当に何度も嫌な思いをさせられてきたので、いまいち気が進まず。

そうなると、残るはPanasonicか、我が愛するLeicaか。

Leicaはプロサポートがいまいちしっかりしていない・・・気がするので・・・

まずはPanasonicに話を聞きに行ってみたいと思います。