先日の脱ニコン宣言・・・(いや、NIKONをやめるって訳じゃないんですけど・・・新たな表現へのトライということで・・・)

新しいカメラをテストしています。

その名も、SIGMAのdp2 Quattro

妙なフォルムのカメラです(笑)レンズ交換ができないので、いわゆるコンデジです。

発売は今から6年前の2014年。
(シグマのFoveonという特徴のあるセンサーのカメラはもっと前からあって、それがずっと使ってみたかったのです)

ずーっと欲しいなぁ・・・

使ってみたいなぁ・・・

と思っていたのですが、結婚式や家族写真でガシガシ使うには、、、

連射性能、電池の持ち、高感度への対応、その他諸々。

とにかく、なんでもかんでもが対応できない(笑)

ってことで見送っていた本機ですが、ピント合わせや連射を必要としない、ストロボで撮影するから高感度もいらない・・・という撮影も増えてきたので、思い切って導入してみることにしました。
(レンズ交換が出来るSD Quattroも考えたのですが、SAマウントがネックで、、、諦めました。来年には発売されるというフルサイズのLマウント機への期待の意味を込めて、Foveonなれしておこうと思って購入したというのもあります)

まだちょっとテストしてみただけですが・・・

ま〜とにかく使いにくい(笑)

専用の現像ソフト(SIGMA Photo Pro)が、それに輪をかけて、使いにくさを助長します。

これまでいろいろな現像ソフトを使ってみましたが、とにかく最悪な出来です。(と書きたくはありませんが、そのくらい書いてもオーバーではない気がしました)

ライカのフルマニュアル機の方がまだ使いやすいです(笑)

これから少しずつテストして、また使用感などレポートしたいと思いますが、ちょっと撮影した限りでは、とにかく美しい写真が撮れます。(それしか取り柄のないカメラ(笑)ですが、その取り柄が他のすべての欠点を補って余りある感じです)

それにしても、、、iPhoneでストロボ使えると便利だなぁ・・・
携帯にしてはきれいな写真が撮れる(笑)