誓詞奏上の次は・・・指輪の交換。

キリスト教結婚式では、誓いを形にして身につけておくという意味が有りましたが、神前式ではどうなんでしょうか?

実は、こと神前結婚式という観点では、全く意味のないことになってしまいます。(神事ではないというのがその理由です)

ただ、時代の流れで、指輪を用意される方が多いので、おふたりの想いを汲んで神前で神様にもおふたりの幸せを見守っていただきましょう・・・というお考えのところがほとんどではないかと思います。

赤坂氷川神社 結婚式 写真 ウエディングフォト
指輪交換、おふたりにとってはとても大切な思い出だと思います。

たとえ神事ではなくても、こういった嬉しそうな表情を拝見すると・・・

やっぱり指輪交換は素敵だなぁ・・・と思ったりするわけです。

神事では有りませんが、クリスマスもハロウィンも楽しんでしまう日本人です。

誓いを形にして身につけておく、という考え方も取り入れちゃいましょう!