親族固めの盃で、ご両家が親族となられたところで結婚式は結びとなることがほとんどですが、岐阜護國神社のように退下を行っていらっしゃる神社もあります。

参進の時は、新婦家のお嬢様として、神前に向かわれますが、結婚式で結ばれた後はご新郎家のお嫁さんです。(あえてちょっと古い表現で書かせていただいています)

今度は、ご新郎家が「こんなに素敵なお嫁さんが嫁いできてくれました」と披露しながら神前より下がる行列となります。

そして、その結婚式を挙げられたおふたりを親族や近所の方、友人知人に披露するので、「披露宴」だった(なので、一昔前までは披露宴の招待状は両家の親御様のお名前で出されることが多かった)訳ですが、今では家と家の結びつき、という感覚も薄れてきて、新郎新婦主催の「ウエディングパーティー」の方がみなさんには馴染みますよね。

なので、神前結婚式の後も退下ではなく、ライスシャワーや折り鶴シャワーで参列者の方からの祝福されて、おふたりが下がって行くという神社も増えてきたのかもしれませんね。

折り鶴シャワーも素敵ですよね!

神前結婚式を挙げられる方には、解しておいていただきたいなぁ・・・と思ったウエディングカメラマンのおせっかい解説でした。