長かったですね。

本当に長い長いトンネルの中にいた気がします。

もちろん、まだ手放しで喜べる状態ではないと思いますが、気持ちが海の底から顔を出して一呼吸できた気がします。

結婚式は、結婚式場業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」を読んでいると、まだまだこれまでのような結婚式・披露宴ができるようにはならないんだろうなぁ・・・と思います。

ウエディングカメラマンがこんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、大手式場の多くは、すでに「新しい生活様式に対応したプラン」を作っていますけど、そんな状態の結婚式を望まれる方々、多いのかなぁ・・・というささやかな疑問は湧いてきます。

でも、これからはいろいろな商業施設もどんどん営業を再開されますから、結婚式場だけがリスクが有る施設って訳ではないと思いますので、そこまで心配しなくてもいいのかなぁ・・・とも思ったりします。

ただ今後のことを考えると、少しでもこれから結婚されるおふたりの不安要素は払拭しておきたい・・・

ということで、Photo感写では、今後、今回のような事態(ウイルスや疫病、天変地異で社会通念上結婚式が行えないよね・・・という事態)で結婚式を中止、もしくは延期する場合、キャンセル料金はもちろん、一切いただかず、お申込金(3万円お預かりさせていただいています)もいったんお返しさせていただくことにしました。

いっぱい不安がある時ですが、今この時に、おふたりで力を合わせて人生を踏み出していこうとなさっているおふたりが、親御様・ご家族を始め、これまでお世話になった大切なみなさんに感謝の気持ちを伝えて、祝福される機会は必要だと思います。

そんなおふたりのために、まず出来ることからはじめよう。

これからは、これまで以上におふたりのことを応援できるカメラマンでありたい。

そう想いを新たにした、今回のながーいながーい水中生活(トンネルの中?)でした。