今朝目が覚めて、Facebookをサラサラ見ていたら、今日の出来事・・・に今の家に引っ越す前に住んでいたマンションのテラスで撮った写真が出てきました。

お越しいただいたことのある方はご存知かもしれませんが、西側がすごくひらけていたので、夕日がとっても綺麗で、洗濯物を取り込む際などよく、写真を撮っていました。

とってもきれいな夕陽と夕焼けが撮れました。
当時よく見かけた、某保険会社の飛行船(笑)

そのきっかけとなったのは、そのマンションへの引っ越しの日。

ダンボール運び込んで引っ越し屋さんが帰ったその頃。

まだカーテンも付いていなかったので、西陽がおもいっきり差し込んできたので、ふと目をやると、ちょうどスカイツリーの展望台をかすめて沈んでいました。
(カメラが・・・すぐに取り出せるところになかったので写真は撮れずじまいでした・・・)

それから4年ちょっと住んだマンションで、毎年同じ時期にスカイツリーの展望台+夕日の写真の撮影を試みましたが、結局あの日のコンディションでは撮れませんでした。(ほぼ似たようなコンディションでは撮れましたが、、、たぶん、一日ずれていました)

写真とは常に一期一会の芸術だと再確認しました。

「今」を撮れるのは「今」だけなんですよね。

ステイホームの間に、卒業や入学、他にもたくさんの残したい思い出がありましたよね!

もちろん、その時に戻って撮影することは叶いませんが、事態が落ち着いたらその時を取り戻すように、いっぱい写真を撮りたいなぁ・・・