先週の長野県上田市の生島足島神社へのお宮参りの出張撮影の後は、みなさんで、お食い初めでした。

お食い初めは、うまれてきた赤ちゃんが、これから長い人生、食べるものに困らないように・・・という願いを込めて、お祝いのお料理(お膳)を食べさせてあげる。

生後約100〜120日の間に行いましょう・・・とよく言われますが、体調や皆さんのご都合で多少の前後はOKなのではないかと思います。

食べさせ方の作法?は、諸説あるみたいなのですが、

・家長が食べさせる(パパが食べさせる)
・長寿にあやかって一番年長の方から食べさせてあげる(おじいちゃんおばあちゃんが参加される場合はこちらが多い気がします。また、男の子だったらおじいちゃん、女の子だったらおばあちゃん。というのもあるみたいです)
・年長者から順にみなさんで食べさせてあげる

のいずれかで行われることが多いように感じています。

立派な鯛とお膳でした
今回は、女の子におばあちゃんが食べさせてあげました
パパも娘ちゃんの様子が気になるみたいですね〜
実際に食べるわけではなく、食べる真似(口元にちょんちょんって感じです)です。
おいし・・・くは無いかもしれませんね。まだ(笑)
でも、頑張って完食しました(ぐるっと一通り召し上がりました)

これからの健やかな成長を私も願っています。

ちなみに、、、お参りされた、生島足島神社の子安社では、歯固め用の石も分けていただけました。

ほんのりピンクの素敵な包でした。