結婚式の中で行うことにはどんな意味があるんだろう?
にお答えしていくシリーズ。

祈祷の後は・・・いよいよキリスト教結婚式において一番大切だと言われている、誓約(誓いの言葉)です。

テレビドラマなどでも、一番目にする機会が多いシーンではないでしょうか。
細かな言い回しは教会によって変わりますが、牧師が新郎新婦に、このように問いかけます。

「なんじ、その健やかなるときも病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、 貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?」

「はい、誓います」

この問いかけに憧れて、キリスト教結婚式を挙げられる方も多いように感じています。

私もいつもドキドキする瞬間です。

アルピーノ 結婚式 写真 ウエディングフォト
お互いの表情、親御さん、ご家族の様子も撮りたくなってしまいます。
アルピーノ 結婚式 写真 ウエディングフォト
みなさん、本当にいい表情をされていると思います。

結婚する=家族になるということ。

家族となって、毎日過ごしていると嬉しいこと、楽しいことだけではなく、本当にいろいろなことみなさんにもおこると思います。

そんな時には、ぜひこの時の誓いを思い出していただきたいと思います。

それだけで、困難を乗り越えることができるかもしれません。

また、この時この場所に立ち会ってくださった方々はおふたりの応援団。

なにかの際は、是非相談に乗っていただきましょう!

自分たちで抱え込むだけではスッキリしないことでも、解決のために力を貸してくださるのではないかと思います。