結婚式の中で行うことにはどんな意味があるんだろう?
にお答えしていくシリーズ。

讃美歌の後は牧師の聖書朗読です。

聖書は殆どの場合、コリント信徒(コリント人の場合もあります)への手紙 第13章(のことが多いです。教会によってちょっとずつ違います)が読まれることが多い印象です。

言い回しはちょっとずつ違いますが、概ね次のような内容です。

ときどき聖書をお借りして、おふたりの愛の誓いの証、指輪と一緒に撮影します。

「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高慢にならない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。 不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える」

日本語に訳されているので意味はわかりますね。

キリスト教における「愛」ってどういうことなのかを感じられる一節ですね。

はじめはラブラブな夫婦生活も、時間が経つにしたがって、だんだんそれが日常になり・・・ついつい忘れてしまいがちですが、この一節はいつも頭に入れておきたいですね。