結婚式の中で行うことにはどんな意味があるんだろう?
にお答えしていくシリーズ。

誓約(おふたりの誓い)の後は、指輪の交換です。

なぜ指輪を贈り合うのかというと・・・今、参列くださった皆様の前での「誓い」を形にして、いつも身につけておくためです。(誠実と貞節の証という話も・・・)

そして、贈り合うものがブレスレットやネックレスなどではなく指輪なのは、その丸い形が終わりがない、永遠の形とされているからなのだそうです。

そして、左手の薬指にはめるのは、古代は薬指が一番心臓に近い(心臓につながる血管がある?)とされていたので、心に近いと考えられていたそうです。
(現実問題としては、一番生活に支障が無いからなのかなぁ?と勘ぐってしまいますが(笑))
左手というのも、利き手じゃない方ということみたいなので、左利きの方は右手にはめられる方もいらっしゃいますよね!

無事に指輪をはめられた後は、笑顔になるご新婦様が多いです。

いつのまにかつけていることが当たり前(というかつけていることすら忘れてしまう?)結婚指輪ですが、指輪をつけていることを感じた時は、この時の気持を思い出していただくと、お二人の絆もより深まっていくのではないでしょうか?