CP+まで、いよいよあと2週間ほどとなった本日。

待ちに待った我らがNikonのD6の発売日が発表されましたね!

写真はNikon公式サイトより

AF(オートフォーカス)まわりがものすごく強化されたみたいですね。
(実は、D5でもオートフォーカスはかなり満足しています(笑)スポーツを撮るわけじゃないので・・・)
ただ、AFが抜ける(被写体から外れて背景にピントが合ってしまう現象)を大幅に改善したって謳っているのでそれには大いに期待したいですね。
(使い方で対処していましたが、たしかにAFが抜け易い状況はありました)

あとは、画像処理エンジン(EXPEED)が5から6に進化したくらいでしょうかね・・・私が気になったのは。

D780がミラーアップしたら(ライブビューモード)では、ミラーレス一眼とほぼ同じような感じでつかえるのとは違って、D6は従来の一眼レフらしいカメラですね。

センサーがD5から更新されていないのでライブビューモードで像面位相差AFが使えないから仕方ないのかもしれませんが、4年ぶりのモデルチェンジにしてはちょっと地味な進化に感じてしまいました。

この微妙な進化で・・・1台80万円弱かぁ・・・

期待していただけにちょっともやもやしてしまいます。

ちなみに、、、D5が発売されたときは、1台70万円くらい

その前のD4やD4Sは、1台50万円くらいだった気がするので・・・
この10年でカメラの値段が、1.5倍位になってます。

カメラの製造は日本で行っているので・・・

その部品(の一部は中国とかでも作っている?)の値段が上がっているのでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で発売が遅れるかも・・・って書いてあるので恐らくそうなんでしょうねぇ・・・

カメラだけじゃなくて、レンズも10年前と比べると1.5倍くらいの値段になっていると思うので・・・

機材代の上昇分も料金に反映しないといけないかなぁ・・・と思う今日このごろです。