毎年、新年はPhoto感写創業の地、西新井のお大師様にお参りに行っていましたが、そういえば地元の神様にも地鎮祭以来しっかりとお参りできていませんでしたので、今年の厄祓いは、篠崎浅間神社へ行ってまいりました。

篠崎浅間神社 厄祓い 
たくさんお参りの方がいらしていました。

篠崎浅間神社では、「古来より立春の日を基準にして厄年を定めています。
そのため前日となる節分の日に、厄祓い(厄年でない方は災難除け)を行い、
翌年からの1年間が無事に過ごせるように御祈願いたします。」とのことでしたので、節分の本日のお参りとなりました。

節分の今日だけは、篠崎浅間神社に伝わる村上天皇の宝剣による剣の祓いを行って、お守りと剣の守りの札もいただけるとのことで、ありがたい限りです。

篠崎浅間神社 厄祓い 人形と絵馬
お祓いしていただいた人形と絵馬
篠崎浅間神社 厄祓い 絵馬がいっぱい
絵馬はこうして下げて・・・
篠崎浅間神社 厄祓い お焚き上げ
人形は、悪いところをなでて息を3回吹きかけてお焚き上げの中へ・・・

私、後厄、妻、本厄ですが、これで今年も安心して一年が過ごせそうです。

日々慌ただしく生活していますが、大切な節目には日本人らしい行事を行うのはやっぱりいいですね!