Yahoo!ニュースにも「こんな撮られ方はイヤだ」と記事が出ていたのでご存じの方も多いかと思います。

富士フイルムの新しいカメラ、X100Vのプロモーション動画が、炎上してしまいました。

富士フイルムのカメラは基本好きなのですが、X100シリーズだけはコンセプト的にあまり惹かれるものが無い(というか、無駄なものがついていて気に入らない)ので、評価が厳し目になってしまうところは否めませんが、それにしても今回のプロモーション動画、私もこれはあかんかなぁ・・・って思います。
(ちなみに、今は動画はもう削除されて見られません。富士フイルム公式サイトで謝罪文も出ています)

ストリートスナップ界では有名な方?(ごめんなさい、私は今回の件で初めて意識しましたが、ずっと富士のカメラを使っていらっしゃるようです)のようですが、動画を見ていると、撮られてる方が明らかに不快そうなのが気になりました。

あまりネット上で他人のことをどうこう言うのはフェアじゃない(まぁ、こちらも誰かわかって発言しているからフェアかな?)と思いますが、嫌がる様子を撮るのは、私はよろしくないと思いますし、それをプロモーションとして良しとした富士フイルムさんの方針もかなり疑問です。(大きな会社なので、細かなところまで目が行き届かないのかなぁ・・・と勘ぐってしまいます。私のお付き合いのある営業さんはみなさんいい人なんですけどねぇ・・・)

スナップの名手といえばやっぱり誰もが知る、木村伊兵衛さん。

最近の方だと先日の標準レンズの記事でも取り上げた中藤毅彦さん。

いずれにしても、被写体の方が嫌な思いをするような撮り方はしていないと思いますし(撮影しているところを見たわけじゃないですけど)、写真からもそんな雰囲気は感じません。

私はスナップ写真は時代の雰囲気の記録という意味合いもあると思っているので、これからもしっかりと保護されるジャンルだと思っています。(なんでもかんでも盗撮盗撮と騒ぎ立てるのも違うなぁ・・・と感じています)

10年前にニューヨークで撮影した写真。盗撮と言われれば盗撮ですが、それを気にしすぎると街中で写真なんて撮れませんよ・・・

カメラマン側が「マナーを守って撮影する」のはもちろんですが、叩きやすい標的を見つけて隠れたところから正義を振りかざすのも、盗撮同様の行為だと思います。

みんなで、もっと息がしやすい社会になったらいいなぁ・・・と思った今回の騒動でした。

余談ですが、ちょっと極端な例えですが、あんまりにも盗撮盗撮と騒ぎたてると、公園や観光地とかで背景に人が映り込む写真すらもやいのやいの言われてしまう世の中になってしまうようで怖いです。