ついにリリースされました。
我らカメラマンの頼れる味方!

Adobe Photoshopの2020バージョン。

いろいろな機能がまた追加されましたが、私が一番期待したのは!!

新しいオブジェクト選択ツール(簡単に言うと、被写体だけを選択するツール)。

写真の合成をする場合などに被写体だけを選択するというのは一番初歩的な機能なのですが、実はそれが本当に面倒(手間ひまがかかる)のですが、それを自動でやってくれるというもの。

デモンストレーション(Adobeの作例)では、いとも簡単に選択できる・・・ような感じがしましたが・・・
試してみると・・・

まずはこちらのさん太
自動で選択しただけです・・・あかん・・・背景の色が似すぎているか?

さん太は後ろのほうがボケているので、手動でもキレイに選択するのは非常に困難ですので、結果は概ね予想通りですが・・・もうちょっと頑張ってほしかったです。

というわけで、もっとはっきりわかりやすいもので実験してみました。

自転車の部品・・・
うーん・・・惜しい・・・

もうちょっとでした。

商品撮影では飛躍的に活躍させられる可能性が高いですが、スナップ写真で使うには・・・AdobeのAI(人工知能)、「Adobe Sensei」にもう少ししっかり学習して貰う必要がありそうですね!

結婚式当日の写真では、こんなにはっきりと被写体と背景が別れているってことはないですから、、、もっともっと進化してもらわないと、、、まだまだ楽はさせてもらえなさそうです(あ、でも本当に自動ですぱすぱ選択されたら、仕事が減ってしまう分野もあるかも?!)