今日ちょっとひょんな事で自撮り写真をFacebookにアップしたところ、、、
多方面から雰囲気が違う・・・とのご指摘をいただきました。
(Photoshopで加工したとかじゃないですよ・・・)

こちら、アップした写真。iPhoneのモニター側のカメラで撮影しました。

まぁ、一番の原因は私の体重がみなさんが思っているよりも軽くなったので、それで感じる違和感なのだと思うのですが・・・

実は、私自身も写真にはとても違和感があります。

その理由は・・・この写真は撮影時、こんな風にスクリーンに写っていました。

iPhoneのスクリーンに映っていた、私が撮影時にみていた映像

ちなみに、こちらは、Photoshopで左右反転していますよ(笑)

iPhoneのスクリーン側のカメラ(セルフィー)って、スクリーンに鏡写しに表示されますよね。たぶん、このひっくり返った写真だともっと沢山の方が違和感を持たれたのではないかと思います。

昔から思っているのですが、「私、写真写りが悪いんです・・・」とおっしゃる方は、この鏡の中顔をご自身の顔だと思っていらっしゃるんだろうなぁ・・・と。(そんなことを言っている私も下の顔が自分の顔だと思っています)

この2枚の写真のギャップが、「私、写真写り悪い・・・」に繋がっているんだろうと思います。
(もちろん、他にも要因はありますが・・・)

このギャップを埋めることが、写真に映るの苦手、克服の第一歩だと思います。
人の顔って目の大きさや形も左右で若干違いますし、輪郭もすこーし、違います。なので、なんかいつもの自分とは違う顔で写ってしまうのはあたりまえ。違和感を感じるのは、左右反転のせいだと認識することです。

あとは・・・

結婚式では、ヘアメイクさんがそれらの左右差を考慮して、最高のメイクをしますので、それをさらにいかして撮影をすれば、いい写真になること間違いなし!ですので安心してお任せいただければと思います。

そして、その結婚式の写真で撮られる苦手意識を少しでも無くしてもらえたらなぁ・・・と思った、今日の自撮り事件でした。