昨日、あっと驚く新製品が発表、発売されましたね。

Profoto C1とC1 Plus

プロフォトグラファー向けの商品を作っているイメージがあるプロフォトですが、今回の製品は、なんとiPhoneなどのスマートフォンのカメラ向けのもの。
(ん?ということは、Android搭載のコンデジでもつかえるのか?(笑))

Profoto C1
こちら、C1 Plus (写真はプロフォトのサイトからお借りしています)

先日発表されたiPhone 11 Proのカメラ機能が超絶強化されていて、すごいなぁ・・・って思っていましたが、それにベストマッチするような製品が登場しましたね。

Profoto カメラ」ってアプリまである(というか、これでストロボとカメラを制御するので、純正のアプリで写真を撮る訳ではない)ので、かなり本気です。

このアプリ、ストロボがなくても、明るさと色味を(露出と色温度、色かぶり)をマニュアルで調整して撮影できるので、それだけでも普通のiPhoneのアプリより優秀かも(笑)

iPhoneのカメラがもうちょっと進歩して、こういったストロボがもうちょっと使いやすくなったら、これらで仕事をする(あ、今もiPhoneだけで仕事しているインスタグラマーもいるのか?)なんて時代が来るのかもしれませんね。

ライトで遊ぶ(勉強する)にはいいツールかも知れませんね。
(遊ぶにはちょっと高いですけど・・・(汗))