今日は毎年恒例、江戸川区の花火大会。

とても近くに住んでいながら未だに直近での観覧は楽しんでいません(汗)
(今の家に引っ越す前に1.5Kmくらい手前まで行きましたので、その時が一番近い?今と同じくらい?という感じです)

うちからでも結構いい感じで見えるので、あまりの暑さに家からの観覧です。

電線がちょっと邪魔なんですけど、、、いい感じで見えます。
今年もとてもきれいでした

花火の撮影、難しいと思われる方も多いみたいなんですが、実はとっても簡単です。

必要なものは、
三脚と、バルブ(B)モード(シャッターを開けっ放しにできる)のあるカメラ。(カメラは、マニュアル露出が使えるカメラがほぼ必須条件です)
そして欲を言えば、カメラからシャッターボタンを離すことができるレリーズケーブル。

カメラを三脚に据えて、ISO100、F8(〜10くらい)
シャッターはバルブで、打ち上がる花火の光の軌跡をみて、開くな〜って思う頃にシャッターを押し込んで、そろそろいいかな〜って思う時にシャッターを閉じる。

これだけです。

花火の明るさは基本的に同じ(時々明るいのもありますが・・・)なのでこれでバッチリ撮影できます。

みなさんも是非チャレンジしてみてくださいね!