先日参加したアルバムミーティングの中で教えてもらった、CanonのYoutubeチャンネルにある動画がとても良かったのでここでもシェアしておきたいと思います。

動画の内容ですが、アルバムを作ったお母さんは、その写真がどんな時に撮られてた(どういう想いの時に撮った)のかを覚えているけど、娘(今回は娘さんしか登場しなかった・・・のは、ママさん向けのサービスだからかしら?)さんは、覚えていない写真が結構ある、、、というもの。

写真を見ながら、お母さんに当時の話をしてもらうことによって、大切に育ててもらったんだなぁ・・・ということを実感する。アルバムっていいよね!

ってただそれだけの話しなのですが、とっても感動的です。
(コマーシャルなんでそういう風に魅せているのは否めませんが、それでも写真をアルバムにして残すことの尊さを感じられる動画です)

動画中のアルバムを作っていた当時はフィルムで撮影する時代でしたので、殆どの家庭では、写真を撮るのはどこかへでかけたときとか、なにか特別なことがあった時などで、フィルムを現像したら一年前の写真も出てきた!なんてことがざらにあったのではないかと思います。

ただ、その写真をアルバムにまとめることで、その時の出来事や気持ちを記憶として頭の中に焼き付けることができる。

そして、その思い出を将来共有できるっていうのがアルバムのいいところなんだなぁ・・・と思える内容です。

今は、携帯でパシャパシャ(っていうのがもう軽いって感じを表していますよね)
皆さん写真撮りすぎなので、こういう風にアルバムにまとめるの、、、大変ですよねぇ・・・

そう考えると、やっぱり私が出張撮影に伺って撮影した写真だけでもしっかりアルバムにしてお客様にお届けしないといけない気がしてきた今日このごろです。