今日は、先日メンテナンスに出したレンズを引き取りに銀座のニコンへ。

先日のファームウェアのアップデートで瞳認証AFが追加されたことと、今キャッシュバックキャンペーンもやっているので、あまり毛嫌いせずに、サブ機のサブ機ぐらいの感覚で導入してもいいかなぁ・・・と展示してあるデモ機を弄り倒しながら、真剣に検討してみましたが、、、

ヤッパリちょっとないかなぁ・・・

これは、どのカメラでもそうですが、

・まず電池の持ちが厳しそう・・・
1台につき、一日3〜4本のバッテリーが必要になりそう。
(2次会まであると、+2本くらい、2台だと10本ぐらいいる計算に(汗)
使用済みかそうでないか・・・現場での管理も大変ですし、翌日の撮影に備えて充電・・・するのも楽じゃないですよね。。。絶対にそんなに管理しきれません)

・カメラがしっかり握れない・・・
ミラーレスのカメラの宿命でしょうか?
やっぱり軽量コンパクトを売りにしたいんでしょうね。
とにかく持ちにくい。そして、ボタンその他の配置が絶望的。
さまざまな状況を考えて、こういう時にこのボタン押さないといけないよな・・・ってなったときに、構えたままボタンが押せない(押せそうにない)ところにある。
(これでは決定的な瞬間を取り逃してしまいます・・・)

あとは、この機種(Z7も基本的には同じと思います)特有の

・オートフォーカスがおバカさん
D5と同じような感覚で使おうと思うと、AFがかなりおバカさん。
人の顔(瞳)を認識してピントを合わせようとしてくれるのはいいのですが、その設定にしていると、人以外のところにピントをあわせるのが難しくなる・・・
(ある程度は・・・自動でもいいところに行くのですが、行かないこともあるので、、、これまた決定的な瞬間を撮り逃しそう)

・ダイヤルが使いにくい
しっかり握れないともちょっとかぶる項目ですが、カメラの設定のために回すダイヤルの位置が悪くて回しにくい。そして、親指側が金属むき出しのダイヤルで、、、これで一日撮っていたら血が出るんじゃないかと思ってしまいました。

あまり、悪いことばかり書くのも申し訳ないので、良かったこと。
・顔認証をしているので、その時の明るさの調整がいい感じ。
明るさオート(ISOオート)でとっても結構満足行く明るさの写真が撮れそう。
そして、絞り優先(A)モードとISOオートの組み合わせが結構優秀。
(これに関しては、そもそもそんな使い方するつもりもなかったので考えたこともありませんでしたが、D5でも似たようなことができるので、研究してみても・・・と一瞬思いましたが、D5は明るさの調整がちょっとおバカ、というか昔ながらの単純で、私にとってはわかりやすい、ので結果としていらっとすることになりそう)

・カスタム機能が充実していそう
ピントリングを露出補正にしたりすることもできるみたいで、、、おったまげました。ただ、もうそうなると、自分の設定のカメラ以外は使えなさそうだし、おじさんには難しいカメラになりそう(汗)

という訳で、私の予想通りと言ってはなんですが、ちょっと勉強した人が80点の写真を簡単に撮るにはいいカメラかもしれませんが、プロが100点(アベレージ90点)を撮りに行くカメラではないなぁ・・・という印象は変わりませんでした。

今後発表されるカメラに期待したいです。