先日、ミズノでランニングのフォーム診断をしてもらった際に、せっかくだから・・・ということで水着も新調しました。
(池江璃花子選手の大きな看板がかっこよかったから・・・っていうミーハーちゃんでもあります(笑))

実はこれまでは、泳げれば何でもいいや・・・という感じで、Amazonで一番安い練習用?(商品ページにはメンズの水着って書いてありましたが、たぶん、、、スクール水着的なやつだと思われます)で泳いでいました。

今回購入したものは、練習用でベーシックな商品のはずなんですが、、、

浮力で腰が浮き上がるようになっていて、明らかにタイムが縮みました。
(たぶん、一割くらい)

小学校の頃はスイミングスクールに通っていて、学校の代表で市の水泳大会に出たりしていたので、基本的なフォームとかはそれなりにできていると思っていましたが、長年のブランクのほうが大きかったようで、今では道具に大幅に助けられているという結果に・・・

道具の進歩ってすごいなぁ・・・と改めて思った次第です。
(陸上の世界記録が更新されるのも道具が進化しているからって聞いたことがある気がします)

実は写真も同じで、カメラの進化によって、アマチュアの方でもいい写真が撮り易くなってきています。

特に、ミラーレス一眼カメラ。
4〜5年前では考えられなかったくらいにいい写真が撮りやすくなりました。

ちょっといいすぎかもしれませんが、カメラを被写体に向けて、シャッターを押すだけで、いい感じに撮ってくれます。(極端な言い方をすると、ちょっと練習をすれば誰でも80点の写真が撮れます)

ただ、カメラが自由自在に操れる人にとっては、従来の一眼レフで100点を狙って撮りに行けるけど、ミラーレスのカメラだと、、、100点の写真が撮りにくそう。

というわけで、今のところはまだ一眼レフを使いたいと思っています。

ミラーレスの進歩は本当にすごいので、ミラーレスで100点、いや、それ以上の写真が狙っていけるようになったら私も買い替えたいと思います。