今日は、撮影のトレーニングのため、動き回る動物さんを撮影しに、富士サファリパークに行ってきました。

ちなみに、今日は車の中からの撮影を想定していたので、軽量コンパクトなライカ(ピントも明るさもマニュアル)のみです。

被写体が止まっている時は、ピントリングををくるくると回して、(今のカメラだとオートフォーカスで)ピントを合わせれば写真は撮れますが、動き回る動物やお子さんを撮影する時は、カメラのピント合わせが間に合わない!なんてこともありますよね。
(最新のソニーのカメラはかなり合わせてくれるらしいんですけど・・・なかなかそんなカメラを買うのって難しいですよね)

そんな時に使えるテクニックが、「置きピン」です。

やり方はとっても単純です。

あらかじめ構図を決めて、撮りたい動物(お子さんでも同じです)がそこを通過する時にシャッターを押す。という、テクニック。

(罠を仕掛けて獲物を捉える感じです)

上の、ハイエナの写真の場合だと、足元のワラ(目の下の当たりのワラ)にあらかじめピントを合わせておいて、ハイエナが来るのをじっと待って撮影。

という感じです。

走り回るお子さんの撮影で苦労なさっている方に、是非挑戦していただきたいテクニックです!