今日は、遅れに遅れに遅れた、、、汗(年度の後半生まれの人は後半受信なんで、10月以降)2018年度の健康診断に滑り込みで行ってきました。

結果は・・・

運動を始める3年半前よりはすこぶるいい結果です。

ただ、痩せていたときから、LDLコレステロール値ってのだけは、結構高くて、いつも引っかかってしまいます。

そのため、健康年齢はひどい結果でした(涙)

ある程度は高め安定の体質なのかなぁ・・・とは思いますが、真摯に受け止めます。

まだ内臓脂肪がしっかり残っているという自覚もありますので、これをしっかりと退治すればこれも下がってくるのかなぁ・・・と、新たな目標が芽生えました。

それにしても、、診察のお医者様・・・・

あまり内容を見ていないのか(最初の問診にどのくらい運動していますか?という項目があってちゃんと答えていたはずなんですが)・・・

「脂質が高いので、脂っこいものを控えて、もっと運動するようにしましょうね。」

ですって。

うーん・・・

自分で言うのもなんですが、40歳の社会人としては、結構しっかり運動しているつもりなんですけど(笑)

やっぱり、一度に大量にこなすような場所での判断だと、よほど立派な方に当たらないと、そういう判断をされてしまうんですねぇ・・・
(数値だけ見て、それっぽいことを言っておけばOKってことなんでしょうね)
なんだかとっても残念・・・を通り越して笑ってしまいました。
問題点は自己解決しましたので、来年の検診までにしっかり自己管理して、いい結果が出るようがんばります。


こう言ってはなんですが、結婚式の写真も同じようなことが言える気がしました。

表面的なことだけササッと見てわかったつもりになって、それなりの写真を撮っておけばOKって風潮がまだまだあるきがします。

もっと色んな話を聞いて、おふたりに望まれていることはなんなのか、そしておふたりが気がついていないけど、本当に必要としていることはなんなのか。それを写真にしておふたりに届けること。

それがプロの仕事なんだと改めて思いました。