今日は、私の暗室(モノクロ写真の手焼きプリント)の師匠、金子典子さんの写真展「光あれ」を観に行ってきました。

金子さんがプリントした、たくさんのカメラマンの美しい写真は、何度も観てきましたが、金子さんご自身の写真をじっくり観たのは今回初めてです。
(12年ぶりの個展とのことで・・・)

金子さんのところにプリントのワークショップに通い始めたのはプロカメラマンになる前でしたので、2006年頃。

ということは、前回2007年の開催時には金子さんとはお付き合いが合ったのですが・・・12年前はちょうどプロカメラマンになる、なった?位の時期できっと余裕が無かったのでしょう。

写真のことをあまり言葉で解説するのも野暮なので、簡単な感想にとどめておきますが、雨の日の写真が多かったので、しっとりした質感、そしてそれを余すことなく表現しているプリント。

恐れ入る写真ばかりでした。(写真集も買って帰ってきました)

美しい白黒プリントが並んでいました。


●開催期間:2019年2月4日(月)– 2月17日(日)

●開館時間:13:00–19:00

●会場:蒼穹舎

160-0022 東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル3F

tel: 03-3358-3974

●会期中無休、入場無料

来週、月曜日と金曜日、それから日曜日の夕方は在廊予定とのことですので興味を持たれた方、白黒写真、フィルムの写真がお好きな方は是非、足を運んでご覧になっていただければと思います。