先日からNikonのミラーレスZシリーズが、ファームウェアのアップデートで、「顔認識AFを搭載します
とか、
SONYのαのオートフォーカスに「AI」を搭載する・・・

なんてニュースが発表されていますね。

薄々感じていましたが、やっぱりミラーレスのカメラはカメラ(光学機器)と言うよりは、パソコンに近い電化製品のようなものなんですねぇ・・・

道具が進歩することで、これまで撮るのが難しかったようなシーンでも、いい写真が撮れるようになるという意味では歓迎すべきことだと思うのですが、「カメラを操作して写真を撮るという行為」の楽しみは道具の進歩によって減っていくのではないかと思えてならない今回の発表。

プロのカメラマンなので、いい写真をたくさん撮ってお客様に喜んでいただくというのが最大の目標ではあるのですが・・・

プロのカメラマニアとしては寂しさも感じてしまうのです。