今日はいつもの家族写真(ファミリーフォト)の勉強会のグループの織田さんの呼びかけで、いつもよりたくさんのカメラマンで集まって
「神社撮影マナー講習会~神社撮影禁止を防ぐために私たちができること~」
ということで、講習をしていただきました。

子どもの成長を喜び、お祝いし、お参りする初宮参り(いわゆるお宮参り)や七五三。

そのことお参りをする自体がとても素晴らしいことなのですが、合わせて記念写真を残すことは、本当にいいことだと思っています。

ただ、とっても残念なことに、「自分(自分たち)さえ良ければ・・・」、「いい写真を撮るために・・・」と、神社やそこにお参りに来られる方の迷惑になっているカメラマン。
もしくは、技術や知識が追いついていないために、迷惑をかけるつもりはないけれど、結果として迷惑になってしまっているカメラマン。

本当に残念なことですが、そういったカメラマンには来てほしくない、という神社が増えてきています。
(そういったカメラマンか、そうじゃないのかは神社側では判断できないのでカメラマン全部をシャットアウト・・・ということになってしまっています)

先日お話したように、マッチングサイトが増えているので、そういったなんちゃってプロカメラマン(プロと言ってはいけないかもしれませが、お金を1円でも受け取っていればそれはプロのカメラマン)が急増してるためにこういった事態になっています。

今日は、講習会ということでしたが、集まったみんなで、お客様のためにできること、そして神社や参拝者の方に迷惑をかけないように、カメラマンとしてできること、気をつけていることを共有しました。

誰しも、カメラマンを始めたら、初めて神社に七五三の撮影に行く・・・という機会があるでしょう。

そんな時に、ぜひ気をつけてほしいのは、神社は神聖な場所。
いい写真を撮ること以上に大切にしないといけないことがいっぱいあるということ。

・大声を出さない(どきどき、お子さんの名前を大声で呼んでいるカメラマンさんも見かけます)

混雑状況などにもよりますが、
・撮影スポット(絵になる場所)を専有しない(本殿の前などの人気のある場所も)

・他の参拝者の迷惑になるようなことをしない

・座り込んだり寝そべって、ローアングルからの撮影をしない

・神社の方がしないでほしいという撮影をしない(ご祈祷中の撮影がNGのところで賽銭箱の脇から隠し撮りをする。神前にカメラを向けるなど)

・「神社を撮影する場所」・・・と勘違いして、撮影だけして、ご祈祷せずに帰る・・・

・灯籠に登る、狛犬にお子さんを乗せるなど、神社内のものを本来の利用目的から逸脱した形で撮影に利用しない

などなど、細かなことを上げていけばまだまだいっぱいありますが、上記のようなことを守っていただければ、基本的には問題になることもないかと思います。

より多くのカメラマンさんに知っていただければと思って書かせていただきました。