今日、ライカからのメールマガジンで、新製品「M10−P」が発表されるとのお知らせが。
(発表されたのは昨日ですね・・・)

Leica M10-P 写真

写真は公式サイト、プレスリリースより

「-P」付きのモデルはちょっとしたバージョンアップという位置づけですが、
これまでの「-P」モデルほどのびっくりする新機能はなく・・・

順当なバージョンアップと言う感じですね。
(それだけ、カメラとして成熟してきているという証拠かもしれませんね)

主なアップデートは、以下のふたつ。

1・シャッターの静音化
2・背面液晶のタッチパネル化

1については、結婚式の挙式中は静かに撮れるようになるのはいいですが、
おふたりの撮影タイムや、披露宴が始まってからゲストの皆さまを撮るときなどは、逆にシャッターの音が「撮っている感」を演出してくれるので良し悪しですね。
(実際に音を聞いてみて必要十分に出ていれば、音が小さいのは歓迎ですけどね)

2のタッチパネル化も、ようやく来たか・・・という感じですが・・・(笑)

ま、そのゆっくりアップデートしていく感じもライカというメーカーのいいところです。
きっと。

というわけではありませんが、私が愛用しているM(Type240)も、未だに新品が売っていますし、使っていて全く不満がありません。

新しいカメラはもちろん魅力的で欲しいですけど・・・

今しばらくはMを愛用したいと思います。

それと、、、いよいよ明日、Nikonのミラーレス一眼の新製品が発表されますね。(リーク画像はもう出始めていますけど)

それもとっても楽しみです。

来月ドイツで開催される、フォトキナ(世界のカメラショー)に向けて、これから各社の発表ラッシュでしょうから、楽しみですね!