今日は、先日ご紹介したBe:ionさんの新商品の撮影。
(詳細はまだ秘密?です)

先月末に佐賀で勉強してきた、ライティング、そして商品の魅せ方が早速大いに役に立ちました。

これまでよりも、ライティングのセッティングが大幅に早くなり、かつ、商品の特徴を魅力的に表現できるようになりました。

Beion 商品 マイナスイオン ライティング

これはBe:ionではありませんが・・・

ライトを片付ける前に門出の部屋のインテリア(イッタラのマリボウル)を撮影しました。
(こんな感じのライトをアクセントで使うことでいい感じに商品が輝きます)

ライティングに凝りすぎて、本来の撮影の目的を忘れてしまってはいけませんが、
Photographの語源、フォトグラフ・・・フォトグラム・・・光で描く絵と言われるように、
光を積極的に使っていくことで新しい絵を描くことができるのは楽しいですね。

あ、この写真・・・セッティングをバラす前に適当に撮ったので・・・今ちゃんと見ていると、もうすでにライトの当て方を変えたくなってきました。

しばらくはライティングブームが続きそうです。
(遊ぶわけではなく、しっかり勉強してより高い技術を習得していきたいと思います)