今日は、家族写真の出張撮影を愛する会の「写真集研究会」でした。

30名以上のカメラマンが集まり、メンバーの皆がそれぞれのアルバムを持ち寄り、お互いのアルバムを鑑賞。
そしてアルバムのメーカーにもご参加いただき、カメラマンとメーカー、それぞれの立場で感じている想いを共有しました。

結婚式 家族写真 出張撮影 写真集 アルバム 勉強会

私もウェディングのアルバムを持っていきました。

皆さん、共通する想いは、「写真をデータだけではなくなにか形になるものにして残して欲しい」ということ。

「データだけだとなにかあったら見られなくなってしまう」というマイナス面で危機感を煽るより、
(もちろんこれは本当に時々パソコンやハードディスクが壊れちゃった・・・とのことで写真が見られなくなったという話を聞きますのである意味本当です)
いつでも手に取れるものとして、生活の中で目に触れる形で写真があることの素晴らしさを私たちカメラマンがみなさんにご提案できるようになっていかないといけませんね。