今日はとある業界のPR動画の撮影でした。

昨日までの勉強合宿は写真のものだったんですが、
魅せる絵を創るという意味では、ライティングやディレクション(動画にはそれ以外の要素も加わってきますけど・・・)が早速役に立ちました。

想定している視聴者が知りたいこと、そしてこちらが知ってほしいことを伝えるにはどうしたらいいのか。

ただかっこいい画を撮るだけではなく、伝えたいことを整理して必要な画も撮っていく。

そんな目線もプラスして撮影していたら、今日はいい感じの画がとれたと思います。

これまでは、動画は「ストーリーありき」と思っていましたが、更に深いところ、ストーリーをより良いものにするために考える力も増えた気がします。

撮影をすることがますます好きになりそうです。