そういえば、なぜ子どもの成長を祝う年齢が七歳、五歳、三歳なのでしょうか?

地域によって少しずつ違ったり、諸説あるようですが、
東京を中心に、関東での七五三の出張撮影が多い私が見聞きした内容をご紹介します。
(七五三が奇数=陽数で縁起がいいからこの数というのも関係するようですけど・・・)

三歳は「髪置きの儀」。昔は3歳までは髪の毛を剃る習慣があったらしく、それをやめて髪の毛を伸ばし始める儀式。
(赤ちゃんから、子どもへと成長した証という話も聞きました)

西日本では男の子も三歳のお祝いをすることが多いようです。
(関東では女の子だけの事が多いです)

五歳は「袴着の儀」。これはもうそのままですね。初めて袴を身につける儀式です。

七歳は「帯解きの儀」。これまでは着物を紐で結んでいたのをやめて、大人と同じ帯をつかって着付けるようにする儀式。
今の感覚ではちょっと早すぎる気もしますが、一人前の人として大人の仲間入りをする儀式のようです。

七五三 出張撮影 ファミリーフォト ライフスタイルフォト 写真 Photo感写

皆の晴れ着姿。とってもすてきですね!

このことを知っておくだけでも、七五三のお参りの時の晴れ着姿がどうして今のような形になったのかがわかっていいですね!

まぁ、どんな格好をしていても可愛いのですが、折角の機会ですのでこういった事も踏まえて、お子様の成長を祝うのもいいかもしれませんね。