先日、とある撮影でレンタルスタジオを借り、ある商品の撮影しました。
(借りたのは、クライアントさんですが)

恐らくそのスタジオのメインの客層は、コスプレをする方達(いわゆるコスプレイヤーさんと呼ばれる方達)だと思うのですが、
一応最低限のライティング機材、そして、スペースごとに区切られたテーマのある背景や小道具。
(和室風のところや、進撃の巨人?と思えるところもありました)

最近はご家族写真でも、そういった
「レンタルスタジオを借りるので、そこで撮影していただくことは出来ますか?」

といったお問い合わせも入ることがあり、
そのニーズの高さを感じている今日このごろ。

門出家のリビングも、今はリボンドロップの背景がある、
ある意味スタジオ風になっていますが、
いわゆるスタジオというものが、多様化し、
仕様の垣根もかなり下がってきているように感じました。

これだけデジカメが普及すると、確かに誰でも簡単に写真が撮れるようになりました。
だからこそなのでしょう。
よりよく写真を撮りたい、ひととは違う写真が撮りたいという方々が増えてきている。
そんな需要が増してきている気がしました。

やっぱり私もカメラマンですので、
自分で自由に使えるスタジオがあったらいいなぁ・・・と思う今日このごろです。