写真が好きな人には、大きく分けて二通り。

本当に写真表現が好きで、カメラや機材にはあまり興味が無い人。
そして、写真も好きだけど、同じようにカメラ機材もとっても好きな人。

私は完全に後者で、写真を撮るのも大好きですが、
カメラやレンズをいじっているのも好きですし、
機材についてのマニアックな話も大好きです。

そんなマニアックな性分の人は、
大体、車や自転車、オーディオ、機械式の時計、万年筆など趣味性の高いの筆記具、
なども大好きな人が多いです。

こういうものの話をするときは、
いつまでたっても少年のような目の輝きをしている気がします。

先日見つけたVIGOREという自転車メーカーのブログ

やっぱり何か共通するものを感じます。

ご新郎様、旦那様のそういった趣味がなかなか理解できない、ご新婦様、奥様、
沢山いらっしゃると思いますが、男というのはいくつになっても、
自分の趣味に没頭したい生き物なのです。

理解は出来なくても、温かく、「ふーん、へー」と見守ってあげることで、
きっと彼も、同じように男が理解できない女性ならではのときめきにも、
少しは理解を示してくれる気がします。