今日は早起きして一仕事・・・を早めに切り上げて・・・
千葉の幕張メッセで今日から開催のサイクルモード2015(スポーツ自転車の展示会?)へ行ってきました。
(もちろん、自転車で。)

サイクルモード2015 Kiyo miyazawa

こういう綺麗な自転車に憧れます

最近は結構乗っているつもりでしたが、
やはり急に片道でいつもの倍近い距離は流石に応えましたが、
自分の自転車の仕上がりの良さを感じるロングサイクリングになりました。

モーターショーやカメラのショーと基本的には似たり寄ったりですが、
「気になった自転車の試乗できる。」
というのが、このショーのいいところではないでしょうか。

今の自転車、とにかく乗りやすくて満足しているのですが、
走っていると本格的なロードバイクの方にはピューッと抜かれてしまうのが、
悔しくて、なんとなくロードバイクも気になるお年ごろ。
(負けず嫌いなので抜かれるのは悔しいですし、
モータースポーツも好きなので、早く走りたい願望があるみたいです)

そんなわけで愛用しているライカのカメラが買えるほどの超高級車から、
入門向けのものまで、試乗してきました。

その結果。

もちろん、超高級車は全く次元が違う別物でした。

まだまだ初心者の私の脚力でも、簡単に40Km以上のスピードを出すことが出来ました。
(乗り心地もいいし、走りやすいし、とにかくいいものでした)
そりゃ、ママチャリが何十台も買えてしまう価格なので、
よくないと困りますね。

でも、入門用のロードバイク(それでも、マウンテンバイクの私の自転車よりも相当軽い)だと、
「これなら、今の私の自転車のほうが良いな。」
という程度の乗り心地とスピード感、乗りやすさでした。
(価格は、もちろん私のマウンテンバイクよりも高いです)

そんな具合で色々乗り比べているうちに気がついたのは、
今の私の自転車がそうという良い感じに仕上がっているということでした。
(車体は重いし、タイヤは太いけどよく走るのです)

今日感じたあれこれを、オーバーホール後も、
いつもお世話になっている、自転車屋さんへ報告に行った所、
「量産車はある程度のところでしか組み立てていないからでしょうね」
ということでした。

なるほど、とても腑に落ちるお話でした。

相当高価なものは、その値段なりに人の手が入っているので、
良いと思うのですが、量産車は、やっぱりそれなり。

どんな仕事もそうかもしれませんが、
「私の仕事である結婚式の写真を撮影する。」
「そしてその写真を使ってアルバムを作る。」
のも同じように、ある程度のところで量産するのでは、
それなりのものしか出来ない。
というのを改めて思い出させてもらう一日になりました。

私が作っているアルバムは、
近所の自転車屋さんの店長のように、
最高のパフォーマンスを出せるように、
しっかり調整したもの。

ということです。

これからも地道にコツコツ。
しっかりとしたものを作っていこうと決心したと同時に。
今の自転車にも末永く乗ろうと思った一日でした。