実は、Photo感写、ほぼ創業時より、オプションとしてご用意している、フォトパネル(写真パネル)

日本人はなかなか大きな写真を飾る習慣がないので、
結婚式の出張撮影のお打ち合わせの際も、
私から積極的にオススメすることはないのですが・・・

やっぱり、パネルを作ると・・・

パネル、いいなぁ・・・
と思ってしまいます。

ライカプラン 手焼き写真 ウェディングフォト 結婚式 写真

手焼き写真のフォトパネルです。

この写真は、ライカプラン(白黒フィルム)で撮影して、
バライタの印画紙です。(紙ベースの印画紙なので、とても風合いがいいです。一般の方が普段目にするのはRC(レンジコート紙)と言ってコーティングしてある紙です)

コート紙のメリットは、ペーパーを現像する際に薬品が紙に染み込まないので、
現像時間も短いですし、なにより、薬品を洗い流す水洗時間が圧倒的に短いことです。
(たくさんの写真を大量にプリントするのにとても便利です)

反面、黒の締まりや、写真としての雰囲気は、
バライタ紙にはどうしても勝てないです。
簡単に言うと、とっても写真らしいのが、バライタ紙の写真です。
(ただし、その分値段はとっても高価になります)

少し脱線しましたが、アルバムよりも大きなサイズの、このフォトパネル。

デジタルカメラでの撮影でも作成することは出来ます(先のバライタの紙はありませんが、風合いのいい紙にプリントしています)ので、
これからは、臆せずにおすすめしていきたいと思います。