以前ご紹介した中藤武彦さんの写真展「STREET RAMBLER」

晴れて、栄誉ある「林忠彦賞」を受賞なさいました。
おめでとうございます!

その受賞記念写真展が、
今週末、4月17日より、六本木のフジフィルムスクエアにて開催されます。

前回の渋谷からあまり日が経っていないので、その時と同じ写真も多いようですが、
すべて再プリントをした力作とのことで、
改めて見に行きたいと思っています。

お近くの方も、そうでない方も、ご都合の付く方は是非足を運ばれてはいかがでしょうか?

以下、公式情報よりの転載になります。

第24回林忠彦賞の受賞を記念した受賞作品展。

 「林忠彦賞」は、戦後写真界に大きな足跡を残した写真家・林忠彦(山口県・周南市出身)の多彩な業績を記念し、
周南市と公益財団法人周南市文化振興財団が1991(平成3)年度に創設したものです。

時代を共有する写真を撮り続けた林忠彦の精神を継承し、それを乗りこえ未来を切り開く写真家の発掘を目的に、
毎年プロ・アマチュア問わず写真を募集。その受賞者の作品を展示いたします。

中藤毅彦
 今回の受賞作「STREET RAMBLER」は、ハバナ、ニューヨーク、モスクワ、上海、パリ、ベルリン、東京と、
20世紀劇的な変化を遂げた7都市の姿が収められています。

一貫してストリートスナップを撮り続けてきた作者の集大成とも言える作品で、
都市の持つ歴史的意味合いにも思いを馳せつつ、風景とそこに生きる人びとを新しい感覚で捉えています。

 また、卓越した技術で表現された、粗い粒子と白黒のハイコントラストの画面は、
「都市」の姿を生き生きと見る者の眼に訴えかけます。

開催期間 2015年4月17日(金)~2015年4月23日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
場所 富士フイルムフォトサロン スペース1
入場料 無料
作品点数 白黒・70点