昨日、打ち合わせの前にちょうど昨日から銀座のライカギャラリーで開催されているハービー・山口さんの写真展、
「Wetzlar」を見に行ってきました。

ライカのカメラの発祥の地として、ライカファンからは聖地と崇められている?
そんなドイツ、Wetzlarの写真展。

ライカギャラリー東京 Wetzlar

公式の案内です。

古いライカのカメラやレンズには、必ず「LEITZ WETZLAR」と刻印してあって、
それがまたなんともいい味なんですよね。

一度はゆっくり訪れてみたい街の今が感じられる写真たちでとても良かったです。

ライカ好き、ドイツ好きの方は是非足を運んで見られてはいかがでしょうか?

以下、公式情報&ギャラリー情報です。

「ドイツにあるWetzlarはライカカメラが発祥した街として知られています。
ライカのカメラが100周年を迎えた2014年に初めてこの街を訪れました。
可愛い木組みの家と石畳の坂道が特徴のこの街は、フランクフルトから列車で小一時間。
ドイツの伝統美と写真家の憧れが交差する心躍る街でした。」

今回の写真展では、ハービー・山口がWetzlarを歩いてライカのカメラでとらえた作品14点を展示いたします。

ライカギャラリー東京

東京都中央区銀座6-4-1

TEL: 03 6215 7070
Website: http://jp.leica-camera.com/ライカの世界/世界のライカギャラリ―/ライカギャラリー東京/ライカギャラリー東京

開館時間:
火曜日 – 日曜日 11.00 am – 7.00 pm  月曜日休館