今日、Facebook(またFacebookですみません)を見ていたら、
「プロカメラマンに写真を撮ってもらうのは敷居が高そう〜」
というような話を目にしました。
(そういえば、以前ご結婚式の撮影をご依頼いただいた方にも同じようなことを言われました)

確かに、カメラ、写真好き、というだけでは、なかなか撮ることの出来ないような写真を沢山撮影する。
ということもプロカメラマンに撮影を依頼することの動機になるかもしれませんが、
今日のFacebookの記事を見て思ったのは、

プロカメラマン=敷居が高い

ではなく

知らない人に依頼する=敷居が高い
(知らない人とは、話をするのだけでも緊張しますよね!)
ではないのか?
ということ。

お友達同士では、気軽に撮影していますし、
プリクラなんて、本当にみなさんリラックスして撮影していますよね!

また、「結婚式の写真は友人に頼もう。」
というのは、予算的なことあるかもしれませんが、
それよりも、気のおけない友人が撮影したほうが、
リラックスして一日を過ごせるから。
というのが大きいのではないでしょうか?

というわけで、私は、そういう「知らないプロカメラマン」ではなく、
おふたりに「プロカメラマンだけど、友人になっちゃった(笑)」と言っていただける、
ウェディングカメラマンを目指しております。

ちょっとでも気になった方は先ずはお問い合わせくださいね!
といってもお問い合わせをするのも先ずはハードルが高いですよね。
でも、私はお問い合わせがくるのは、「私にちょっとでも興味を持ってもらえたんだ!」
と素直に喜んでおりますので、本当にお気軽に!大丈夫ですよ!